タイツ先生(吉澤雅之)のナチュラルボディー理論に基づくトレーニングを助けるDVDやトレーニング用品を販売します。

自然身体構造研究所紹介

マスコミ取材報告1

マスコミ取材報告2

ホーム | 体 > 全身を鍛えるタイツ先生の一本歯下駄コアトレーニング(一本歯下駄一足とトレーニングDVD一枚のセット)
商品詳細

タイツ先生の一本歯下駄コアトレーニング(一本歯下駄一足とトレーニングDVD一枚のセット)[SS100]

販売価格: 5,800円(税込)
[在庫あり]
数量:

タイツ先生の一本歯下駄コアトレーニング(一本歯下駄一足とトレーニングDVD1枚のセット)

なぜ一本歯下駄をはいてトレーニングをするのか?一本歯下駄はもともと山伏の人たちが山岳修行のときにはいていました。小石が転がっていたり、傾斜だったりする山道で逆に不安定な一本歯下駄をはくことによって安定させるという発送でしょうか?車のショックアブソーバーのようなクッション性を利用していたのだと思います。

ところで平地で一本歯下駄をはいて歩いたり走ったりすれば大変不安定な動きになります。小石の多い川原を歩いていることを想像してもらえば一本歯下駄の不安定がわかるでしょう。一歩一歩が不安定な場合、人間はバランスを保とうと必死になります。全身の筋肉や関節を使って不安定さに対応をします。

ところで一般のスポーツ選手の動きを観察していると一部分の筋肉や関節の動きに頼った動きをしています。私たちの体は500の筋肉と200の骨格から構成されていて、たくさんの関節があるのですが、一般のスポーツ選手は特に体幹部(コア)の関節が動いていません。一流選手といえば全身の関節をくまなく動かし、体幹部(コア)の動きを手足に伝えるような動き方をします。体幹部が活発に動くと体幹部をバネのように使って、下半身のバネと二つの強力なバネで軽やかに動けます。体幹部を箱のように動かす一般の選手は米俵のように重い体幹部を下半身のバネの力だけで運ぶように動きます。このように体幹部が活発に動くか動かないかによって、まったく違う運動をしているのです。

一本歯下駄コアトレーニングのエクササイズは一歩一歩の不安定さが全身、特にコア(体幹部)の関節を活発に働かせるための本能に働きかけます。一本歯下駄は全身の関節が体重移動による不安定さと衝撃を吸収し、次の動きの筋力に転換します。全身の関節が体重移動を吸収し、次に全身の関節が一挙に出力するわけです。全身の筋肉や関節が関わった動きは、しなやかで力強く見えます。このように一本歯下駄のエクササイズはあえて不安定な環境を設定することによって、全身の筋肉が関わった動くための神経回路を構築する事になるのです。

また筋肉の深部のインナーマッスルにも刺激が及んだり、体のすみずみが動くので、整体効果も期待できます。走る・投げる・飛ぶ・打つ・受けるなどのスポーツ競技をはじめ、書道・絵画・楽器演奏・ダンスなど身体芸術の分野の方々にも役に立つエクササイズです。自分自身の本当の才能を発揮することが、身体の構造や物理現象に応じた一番自然な動きなのです。

DVDメニュー(約13分)

  1. 腕脚回旋ナンバ走法ランニング
  2. 肩甲骨サイドスライドランニング
  3. コア対角線腹筋ランニング
  4. 腕縦振りランニング
  5. 四股ジャンプランニング
  6. 前蹴りキックランニング
  7. 股関節回旋ランニング
  8. 肩甲骨ぐるぐるランニング
  9. コア開閉ワップダウンランニング

トレーニングには意図があります

問題点

修正トレーニング

腕の動きがしなやかでない

1.腕脚回旋ナンバ走法ランニング

8.肩甲骨ぐるぐるランニング

胸部の筋肉弾力性を高める

2.肩甲骨サイドスライドランニング

体幹部回旋力

3.コア対角線腹筋ランニング

9.コア開閉ワップダウンランニング

背中側、腹側の連動

4.腕縦振りランニング

下半身の弾力性筋力

5.四股ジャンプランニング

骨盤スイング腸腰筋

6.前蹴りキックランニング

 

監修者
自然身体構造研究所所長 吉澤雅之(タイツ先生)
皇學館大学非常勤講師・朝日カルチャーセンター講師
著書 「タイツ先生のモノマネ野球教室」(白夜書房)

スポーツ技術雑誌連載

「野球小僧」「中学野球小僧」「サッカー小僧」

「ラグビー魂」「中学高校バスケットボール」

「月刊バレーボール」「ザゴルフ」

「スポーツイベント ハンドボール」

「ダンスファン」他
テレビ・映画出演 講演会多数。

チーム導入等、大量にご購入される場合はご相談願います。TEL0285-30-6151

 


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
一本歯下駄サイズ
板の長さ 24.5cm
歯の高さ 10.0cm
歯の厚さ  2.0cm
(画像をクリックすると大きく見られます)
肩甲骨サイドスライドランニング
(画像をクリックすると大きく見られます)
腕縦振りランニング

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス