タイツ先生(吉澤雅之)のナチュラルボディー理論に基づくトレーニングを助けるDVDやトレーニング用品を販売します。

自然身体構造研究所紹介

マスコミ取材報告1

マスコミ取材報告2

ホーム | 技 > ピッチング 上達 練習 基本バッターが打てないキレを身につける タイツ先生のピッチングストレッチ(DVD)
商品詳細

バッターが打てないキレを身につける タイツ先生のピッチングストレッチ(DVD)[SS241]

販売価格: 4,800円 (税込)
[在庫あり]
数量:

バッターが打てないキレを身につける タイツ先生のピッチングストレッチ(DVD)

■ 「キレ」のない投手は生き残れない!
たとえ150kmの速球が投げられても、「キレ」が無ければ打たれてしまいます。しかし「キレ」とはなんでしょうか?
「キレ」は打者が打ちにくい、見えにくいと思うボールのことです。スピードは打者が見えにくいと思う「キレ」の要素の一つです。リリースポイントが捉えにくい、スピードが急加速するように見える、ボールに差し込まれてしまうなどもそうです。直球でも変化球でも球の勢いとは別に打者が球を捉えにくい投げ方があります。

■ 「キレ」は、ただ思い切り投げていても身につかない
ピッチングに大切なことがいくつかあります。
1. 体重移動のエネルギーを利用すること
2. 肩関節や肘関節に負担のかからない腕の振り
3. 全身の筋肉が連動して投げること
などです。しかし、多くの投手はこれらの動きができず、手投げの動きでコントロールとスピードを得ようとします。しかし手投げで小手先の筋力だけしか使えず投げるわけですから、コントロールもスピードも得られるわけがないのです。
「キレ」を身につける以前の問題です。ただ思い切り手投げの感覚でピッチングをしていても、スピードもコントロールも「キレ」も身につくことはないのです。「キレ」は身体の重さや筋力を使い切る方法が身についたときにすべてが身についていることになるのです。

■ 古武術の中に「キレ」「スピード」「コントロール」を身につける身体開発法があった
雑誌「中学野球小僧」2011年11月号にピッチングストレッチの記事が掲載されました。
身長187cm、体重80kgの体格の良い中学生。投手経験はないが高校野球で投手を希望する選手にピッチングストレッチを指導しました。まったくの手投げだった選手が指導後には、まるでドラフト候補投手のようなピッチングフォームに変身してしまったのです。取材陣はとても驚いていました。
このピッチングストレッチは実際にドラフト1位でプロ野球に入団した選手たちも練習したメニューが含まれています。
古武術の身体開発の教えである「割る」という技術。体幹部を半分に割るように使ったり、体幹部を逆回旋させるような使い方で投球フォームを作っていくのです。投手をやったことのない選手からドラフト入団できるトップアマチュアの選手まで、自分の可能性を開花させるトレーニングメソッドなのです。

■ 「キレ」の身体操作を利用したメカニズム
「キレ」を使えるようにするためには、身体の弾力性をピッチングに応用できなくてはなりません。弾力性を使えると筋肉がゴムように伸縮します。
たとえば巨人の内海投手は胸の筋肉の弾力性を使って「キレ」を生んでいます。また脚や腕などの四肢の操作で「キレ」を生む方法があります。若いころの松坂大輔投手は後脚の重さを鼓峰に放り出すように使っていました。それは運動量保存則物理法則にのっとってボールを加速させる方法でした。リリースの腕の振りを加速させるように骨盤がキャッチャー方向に動くのです。
「キレ」を生み出すためには、そのための練習方法があるのです。ピッチングフォームを固めるのと同時に「キレ」を生み出すフォームを練習していくのです。

■ ピッチングストレッチの内容
古武術の技を応用したピッチングストレッチは9種類のストレッチを行います。これらのストレッチを利用してスローイングトレーニングも行います。
「キレ」のメカニズムの原動力である体幹部の動きや身体の弾力性、重力作用の応用などを身につけていきます。一つ一つのストレッチが実際のピッチングにどのように使われているかを解説し、ピッチング練習に応用していきます。
練習では、「キレ」の動きを意識しながら行いますが、やがては無意識でできるようになるまで練習します。意識しなくても身体が勝手に動くように関節の可動範囲を拡げ、全身がリラックスしたまま投げられるようにするのです。これができたときに、打ちづらいストレートや変化球が投げられるようになるのです。

■ 成長のプロセスなど
ピッチングストレッチを始めたばかりは、あまりよくできないかもしれません。身体の関節や筋肉が固いから、そのストレッチの動きがよくできないのです。ですが、その動きがスムーズにできるようになり、更にはより関節などの可動範囲が拡がれば、今までになかったような投球が出来るようになっています。
関節の可動範囲はストレッチを怠らなければ誰でもアップします。「キレ」を身につけるストレッチです。やればやるほど「キレ」とスピードが増すでしょう。
「キレ」の投げ方は才能ではありません。誰もが持っている能力です。気づかずに投手人生を終わるのはもったいなさすぎます。ピッチングストレッチをたくさん練習して本当の才能を開花させて下さい。

DVDメニュー(約1時間38分)
1. 股関節回旋骨盤割れストレッチ
2. 肩甲骨はがれストレッチ
3. 中心軸ねじれストレッチ
4. 中心軸割れ回旋ストレッチ
5. 膝行法ストレッチ
6. 体幹部クロスストレッチ
7. コウリュウトウストレッチ
8. 体幹後方回旋四股ストレッチ
9. 片脚スワイショウストレッチ
10. 股関節回旋骨盤割れストレッチの解説
11. 肩甲骨はがれストレッチの解説
12. 中心軸ねじれストレッチの解説
13. 中心軸割れ回旋ストレッチの解説
14. 膝行法ストレッチの解説
15. 体幹部クロスストレッチの解説
16. コウリュウトウストレッチの解説
17. 体幹後方回旋四股ストレッチの解説
18. 片脚スワイショウストレッチの解説
19. 股関節回旋骨盤割れストレッチスローイング
20. 股関節回旋骨盤割れストレッチスローイングの解説
21. 肩甲骨はがれストレッチスローイング
22. 肩甲骨はがれストレッチスローイングの解説
23. 中心軸ねじれストレッチスローイング
24. 中心軸ねじれストレッチスローイングの解説
25. 中心軸割れ回旋ストレッチスローイング
26. 中心軸割れ回旋ストレッチスローイングの解説
27. 膝行法ストレッチスローイング
28. 膝行法ストレッチスローイングの解説
29. 体幹部クロスストレッチスローイング
30. 体幹部クロスストレッチスローイングの解説
31. コウリュウトウストレッチスローイング
32. コウリュウトウストレッチスローイングの解説
33. 体幹後方回旋四股ストレッチスローイング
34. 体幹後方回旋四股ストレッチスローイングの解説
35. 片脚スワイショウストレッチスローイング
36. 片脚スワイショウストレッチスローイングの解説

 

監修者
自然身体構造研究所所長 吉澤雅之(タイツ先生)
皇學館大学非常勤講師・朝日カルチャーセンター講師
著書 「タイツ先生のモノマネ野球教室」(白夜書房)

スポーツ技術雑誌連載

「野球小僧」「中学野球小僧」「サッカー小僧」

「ラグビー魂」「中学高校バスケットボール」

「月刊バレーボール」「ザゴルフ」

「スポーツイベント ハンドボール」

「ダンスファン」他
テレビ・映画出演 講演会多数。

チーム導入等、大量にご購入される場合はご相談願います。TEL0285-30-6151

 

 

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス