タイツ先生(吉澤雅之)のナチュラルボディー理論に基づくトレーニングを助けるDVDやトレーニング用品を販売します。

自然身体構造研究所紹介

マスコミ取材報告1

マスコミ取材報告2

ホーム | 技 > サッカー 練習 指導 上達法タイツ先生の一本歯下駄アスリート(メッシ編)(一般用一本歯下駄一足とトレーニングDVD一枚のセット)
商品詳細

タイツ先生の一本歯下駄アスリート(メッシ編)(一般用一本歯下駄一足とトレーニングDVD一枚のセット)[SS193]

販売価格: 9,600円 (税込)
[在庫あり]
数量:

タイツ先生の一本歯下駄アスリート(メッシ編)(一般用一本歯下駄(サイズ23〜28cmの方用)とDVDのセット)

■メッシ選手の急発進ドリブルの神経回路を手に入れる
メッシ選手のトップスピードのドリブルからディフェンダーをいとも簡単に抜き去るテクニックは、神技とも言えるのではないでしょうか。ディフェンダーがまったくついていけないトップスピードから更に急発進するテクニックは、メッシ選手だけ違う次元でサッカーをしている感じがします。
また、メッシ選手の切り返しに振りまわされるディフェンダーの姿を見ていると「なんでついていけないのだろう」と思います。
50m走が驚異的に速いのでしょうか?メッシ選手は速いでしょうが、皆さんとさほど変らない、ディフェンダーともさほど変らないでしょう。
メッシ選手のドリブルの秘密は背骨のバネ作用を使った地面反力の最速の動き方にあります。一本歯下駄アスリート(メッシ編)はメッシ選手のこのようなリズム感、体の使い方、神経伝達回路を身につけていくトレーニングメソッドです。

■一本歯下駄をはいて動くと全身の関節が動き、体がバネ化する
一本歯下駄をはくと一歩一歩がたいへん不安定になります。不安定であればあるほど、人間の本能はバランスをとるように働きます。全身の全ての関節が働きだし、不安定さに対応しながら動き出します。
つまり、本当の意味での全身運動がおこります。
皆さんは全身運動で動くことがパフォーマンスアップできることはわかっていますが、言葉だけをとらえてそのほとんどの関節は動いていません。全身の関節がフル可動する動きの全身運動が身につけば、全身はスプリングのバネのようになって動くようになります。全身がバネで弾むように動けますから、力を入れて動いている感覚(力感)がほとんどなくなります。
メッシ選手は弾む力(地面反力・反射)で動きながらただ方向をさだめて、魚の方向転換のようにドリブルをしているのです。

■メッシ選手は胸部の背骨のアーチをスプリングのように使っている
背骨はS字のアーチ構造で太鼓橋が縦になったような強力な構造になっています。ところが人間の体は筋肉や腱で動けるようになっていますから、背骨のS字アーチ構造を強力なバネのように使うことができます。
メッシ選手は、胸部の肩甲骨の間にある一つのアーチ構造を細かく使いバネのように揺らし、そのリズムを全身にいきわたらせ、サッカーをしています。全身をバイブレーターの振動のように揺らし、全身をバネ化して動いてサッカーをしています。歴代のサッカーの名プレーヤーを分析してもあそこまで速い振動でサッカーをしている選手は見当たりません。
ところがこの構造は人間であれば誰でも持っている構造です。胸部のスプリング効果のリズム感の神経回路を構築できれば、メッシ選手のようなサッカーの動きを身につけることができます。

■一本歯下駄アスリート(メッシ編)で高速振動ドリブルを身につける
皆さんがメッシ選手のようになりたいと思ってステップを練習しても、サッカーで使い物にならなかったのは、神経伝達の方法がメッシ選手と違っていたからです。メッシ選手のように体が勝手に弾む感覚で動いてしまうフィーリング(神経伝達回路)を身につけなければならないのです。
地面を蹴る感覚や下半身に力が入ってサッカーをしている感覚があるうちは、メッシ選手と違う神経回路だと思って下さい。
一本歯下駄アスリート(メッシ編)はメッシ選手の特徴的な動きを分析しプログラムされています。切り返しの弾力反射ステップ、トップスピードのままでシュートを放つ動きなど一本歯下駄をはいて練習をしていきます。

■一本歯下駄アスリート(メッシ編)でスタミナもアップする
メッシ選手のように地面反力を使ってサッカーができるようになると、切り返しのスピードがアップするだけでなく、スタミナもアップすることができます。自分自身の筋力の他にバネ作用の弾力性や自分自身の体の部囲の重さによる遠心力や求心力の動きがサポートするからです。
一般の選手は自分の筋力だけでサッカーをしています。メッシ選手は自分の筋力の他に筋肉や腱の弾力性、体の重さによる遠心力、求心力、慣性力などの物理的エネルギーなども利用してサッカーをしているのです。
一本歯下駄アスリート(メッシ編)でこのような神経回路が身につけば、体が楽に動けるリズム感でサッカーができることになります。
みなさんには早くこのような筋出力方法に気づいて、本当の自分の実力を発揮していただきたく思います。


監修者
自然身体構造研究所所長 吉澤雅之(タイツ先生)
皇學館大学非常勤講師・朝日カルチャーセンター講師
著書 「タイツ先生のモノマネ野球教室」(白夜書房)

スポーツ技術雑誌連載

「野球小僧」「中学野球小僧」「サッカー小僧」

「ラグビー魂」「中学高校バスケットボール」

「月刊バレーボール」「ザゴルフ」

「スポーツイベント ハンドボール」

「ダンスファン」他
テレビ・映画出演 講演会多数。

チーム導入等、大量にご購入される場合はご相談願います。TEL0285-30-6151

 

 

 


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
一般用一本歯下駄サイズ
板の長さ 24.5cm
歯の高さ 10cm
歯の厚さ 2cm
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス