タイツ先生(吉澤雅之)のナチュラルボディー理論に基づくトレーニングを助けるDVDやトレーニング用品を販売します。

自然身体構造研究所紹介

マスコミ取材報告1

マスコミ取材報告2

ホーム | 体 > 全身を鍛えるタイツ先生の一本歯下駄アスリート(一般用一本歯下駄一足とトレーニングDVD一枚のセット)
商品詳細

タイツ先生の一本歯下駄アスリート(一般用一本歯下駄一足とトレーニングDVD一枚のセット)[SS187]

販売価格: 8,300円 (税込)
[在庫あり]
数量:

タイツ先生の一本歯下駄アスリート(一般用一本歯下駄(サイズ23〜28cmの方用)とDVDのセット)

■一本歯下駄トレーニングってなんだ?
アスリートの為に当研究所が開発した一本歯下駄トレーニングがようやく浸透してきたようです。
「一本歯下駄をはいてスポーツや武道のパフォーマンスアップにどんな効果があるの・・・??」これが一本歯下駄をはいたことのない方の感想ではないでしょうか。
当研究所ではNHK教育「ひみつのチカランド」の番組中において、一本歯下駄を使った50m走タイムアップにとり組みました。
小学校6年生の男子N君、小学校5年生の女子Kちゃん、Yちゃん合計3人に指導しました。
一本歯下駄のトレーニング期間は約7日間、実質トレーニング時間は3〜4時間くらいだと思います。
結果は大幅のタイムアップで次の通りです。

50m走タイム
N君   7.53秒→7.15秒(0.38秒アップ)
Kちゃん 9.59秒→9.25秒(0.34秒アップ)
Yちゃん 8.33秒→8.08秒(0.25秒アップ)

直接的な筋力アップが望めないたった7日間の一本歯下駄でタイムが向上したのは、走り方の筋出力が変ったからです。当然フォームもきれいになったのですが、自分自身の体重を利用した慣性力や筋肉や腱がもともと持っている弾力性などを利用できるようになったからです。

■人間は自分で力を出す(筋肉収縮、力を入れる)以外に自然の(物理的)力を応用できる
「走る」「歩く」は全ての運動の基本です。全てのスポーツや武道などが「走る」「歩く」の応用であるということは想像できると思います。
一般の選手達は自分自身で力を出せば(力を入れれば)スポーツや武道のパフォーマンスが上がると信じこんでいます。このようなイメージでは自分の筋力に頼った力しか発揮できません。先に言った体重の慣性力や筋肉や腱の弾力性、筋肉運動性は働くことはありません。
一流アスリートと一般の選手とは力の出し方のイメージがそもそも違っているのです。
一流アスリートは筋力、慣性力、弾力性、全身運動力などです。一般の選手は筋力だけ、無理な動きで、サイドブレーキをかけたまま走る車のように動いているのです。

■一本歯下駄トレーニングは不安定から安定への能力が高まる
人間が立っている時を安定しているといいます。一歩踏み出して走り出せば不安定になるわけです。踏み出した脚の不安定を安定に復元して、また一歩踏み出すのです。この繰り返しが走るという運動です。
一本歯下駄トレーニングはあまりにも不安定な状況ができてしまう為に、全身の筋肉が安定を保とうと動きだすのです。つまり、不安定から安定へのスピードや効率が高まるのです。究極的な全身運動が起こってしまうのです。
全ての全身の筋肉が動くように走れるようになるわけですから走力がアップするのは当然といえるのです。

■限界を目指すアスリートの為の「一本歯下駄アスリート」
このトレーニングでは今まで経験をしたことのない体の深部や、気づくことのなかった筋肉の部分まで刺激がおよびます。
一本歯下駄をはいた5m位のステップを繰り返しますが、たいへんきついトレーニングです。自分自身の体重を使った自重運動なのに、内臓まで揺さぶられ「こんなに自分の体は重かったのか」と気づくことになります。今まで感じたことのない部分に痛みがでたり、筋肉痛になったりするでしょう。
これは自分自身の体重を慣性力のエネルギーに変換して使っているリズム感になります。

■今まで経験したことのないフットワークが身についてしまう
このトレーニングが終わって一本歯下駄をおりた時に、軽々しい自分自身の体感に気づくことになります。通常に戻ったところでも、慣性力や弾力性などのフットワークのエネルギーを使えるようになるのです。
ディフェンダーを抜き去るフットワークや流れるようなスタート、キレ味鋭い身のこなしはこのような身体になっていないとできないのです。

■各スポーツや武道の競技は一流アスリートの動きを身につけるトレーニングメニュー
各スポーツや武道にはそれぞれの特性があります。それぞれの一流アスリートの動きを分析し、一本歯下駄でのトレーニングメニューを収録しています。
競技のそれぞれの局面で、一流アスリート達がどのような感覚や身体の使い方で動いているかが身につきます。
人間の脳は30%位しか使われていないと言います。体だって同じではないのではないでしょうか。体力テストの成績だってそんなに違いはないのではないですか。
「限界だな」と思っている人は自分の本当の才能に気づいていないだけなのです。明らかにもったいないですね。
自分の才能に気づいて、無限の可能性の技術向上にはげんでください。

 

監修者
自然身体構造研究所所長 吉澤雅之(タイツ先生)
皇學館大学非常勤講師・朝日カルチャーセンター講師
著書 「タイツ先生のモノマネ野球教室」(白夜書房)

スポーツ技術雑誌連載

「野球小僧」「中学野球小僧」「サッカー小僧」

「ラグビー魂」「中学高校バスケットボール」

「月刊バレーボール」「ザゴルフ」

「スポーツイベント ハンドボール」

「ダンスファン」他
テレビ・映画出演 講演会多数。

チーム導入等、大量にご購入される場合はご相談願います。TEL0285-30-6151

 

 

 


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
一般用一本歯下駄サイズ
板の長さ 24.5cm
歯の高さ 10cm
歯の厚さ 2cm
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス