タイツ先生(吉澤雅之)のナチュラルボディー理論に基づくトレーニングを助けるDVDやトレーニング用品を販売します。

自然身体構造研究所紹介

マスコミ取材報告1

マスコミ取材報告2

ホーム | 技 > テニス ソフトテニス上達 練習 指導法はじめての人の為のスタートセット タイツ先生の忍者的ソフトテニス インナーマッスルストレッチ&体幹体操
商品詳細

はじめての人の為のスタートセット タイツ先生の忍者的ソフトテニス インナーマッスルストレッチ&体幹体操[SS161]

販売価格: 5,800円 (税込)
[在庫あり]
数量:

忍者的ソストテニス インナーマッスルストレッチ&体幹体操
どんなボールも打ち返す、リターンエースを決める体作り

■身体がくまなく動けたなら世界が変わります。


決まったかに見えた猛スピードのショット。
間髪を入れずに逆クロスでリターンエースを決めるトッププレーヤーの動きはほれぼれとします。決まったかに見えたとは観戦していたあなたの感覚であって当の本人のトッププレーヤーの感覚では確実にリターンエースを狙ったショットがイメージできていたのです。
あなたとトッププレーヤーを体力的に比べた場合、50m走だって反復横飛びだってさほど変わるわけありません。体力的(筋力的)にさほど変わらないのにソフトテニスのプレーヤーは雲泥の差がついてしまいます。もし、トッププレーヤーと対戦したならば、そのショットのスピードにまったくついていけないことを想像できるのではないでしょうか!
その原因は一部の筋肉しか動いていない状態でソフトテニスをしていることなのです。人間の骨格は約200のパーツ、筋肉においては500を超えるパーツで構成されています。あなたは一部分の筋肉しか動かず、まるでロボットのようにソフトテニスをしています。
トッププレーヤーは数百におよぶ関節を動かし、強いショット、弱いショット緩急自在にソフトテニスをしています。
体がくまなく動けばレシーブが届く範囲も、レシーブに対応するスピードが上がります。体の自由度が上がると同じスピードのレシーブにおいても体感するスピード感がまたく違って見えてきます。
あなたの初心者の時と、現在の体感を思い出してください。初心者の時は正確にボールを返すだけで精一杯だったと思います。ある程度成長した時は余裕が出てきます。ですが身体の関節が一部分しか動いていないので(あなたは気づいていない)トッププレーヤーのショットは対応できないと思っているのです。
あなたは自分自身の本当の才能を知らずにソフトテニスをしているのです。

■身体の動いていることに気づいてください。ソフトテニスの動きがかわります。

当研究所のインナーマッスルストレッチ&体幹体操はすでに多くのアスリートの方々がトレーニングに励まれています。トレーニングをすると身体の動いていることに気づき、特に体幹部を初め全身の関節の動きをくまなく活性化させていきます。
多くのプレーヤーは体幹部を一つの箱のように認識しています。(まるでロボットのように)ところが体幹部は自由自在にまるでルービックキューブのように動かすことができます。体の中心である対幹部が自由自在に動けば末端である腕や脚の動きは激的に変化をします。
体の中心部からパワーを腕に働かせば強烈なショットも柔らかいロビングも自由自在です。体の中心部からのパワーで脚を動かせば素早いフットワーク、切り返しもスピーディーになります。
インナーマッスルストレッチで体の動かない部位に気づき、その部位をほぐすようにしyて動けるようにします。
体幹体操では、動けるようになった体を使って実際に動くリズム感を養っていきます。
このような体になっていくと他人のプレーを見たり、実際にプレーをした時に相手のショットのスピード感が変わってきていることに気づいていきます。
それと同時にあなた自身のショットスピードや、対応力が増している為に、チャンスボールのリターンが多くなっていることに気づくでしょう。
もともとあった自分自身の体の可能性に気づくことが劇的な変化をもたらすのです。

■忍者的ソフトテニス インナーマッスルストレッチ&体幹体操の内容


インナーマッスルストレッチ&体幹体操は数十種類のメニューが収束されています。
忍者的ソフトテニスではこのそれぞれのメニューがソフトテニスにどのように応用されるのかを詳しく解説しています。
それぞれのトレーニングメニューの意図がはっきりし、ソフトテニスの技術が加速度的に上達していきます。

■身体の構造に気づき、物理法則のエネルギーを利用すれば楽々と対戦に勝利できます。


地球に住む私達は重力など自然のエネルギーの影響化で生活をしています。ソフトテニスをしている時も例外ではなく重力の影響下で動いたことによる遠心力や求心力などを発生させています。
当然このように自然のエネルギーを利用できれば強烈なショットも放つこともできます。また、身体の構造の通りに動くと、筋肉や腱などの弾力性をうまく利用することができます。
身体をゴム人間のように使うことができて、消しゴムがひねられて戻るような動きを使い、強烈なショットを打つことができます。
また、スーパーボールのような弾力性を身体が使うことにより、地面反力という軽やかに弾むようなフットワークでプレーすることができるようになります。身体の構造にのっとり動き、自然の物理法則に乗ってプレーをするとすごく楽な体感でソフトテニスをできてしまっているということに気づくのです。
あなたが自分自身の体重を運ぶように動いてソフトテニスをしているに対して、このことに気づけばゴムまりが弾むような軽々しいフットワークで動けるようになるのです。

■本当はへたなプレーヤーなんて一人もいないのです。


自分自身をへただと思っているプレーヤーの方がいたとしたらこのDVDをぜひご覧ください。周りも自分のことをへただと思っている。その通りでしょう。
ですがあなたは自分自身の可能性をまったく知らずにいると思います。自分自身は「もうこれが限界だな」と思っているプレーヤーの方もぜひご覧ください。
あなたが思い描いていたソフトテニスのプレーの方法とまったく違っているのかもしれません。一流のプレーヤーの方はなぜ自分自身が勝てるのか知らないのかもしれません。
自分自身のプレーの特徴や良さが明確にわかっていなければ、スランプになって調子が悪くなった時にその原因をつかむことができません。
ですから調子をくずしスランプになった時にスランプを脱出することが長引いてしまうのです。自分の特徴と問題点を捉える能力の高い選手がトッププレーヤーとして君臨し続けるのです。

■身体の構造にのっとり、重力落下作用、遠心力・求心力、慣性力、身体の弾力性を利用すればトッププレーヤーの仲間入り。


身体は骨格や筋肉などで動ける範囲が決まっています。これらを超えて動くことはできないし、間違えて(動かない)部位を動かしているとすれば、うまくなることができないばかりではなく、故障をしてしまうことになるでしょう。ソフトテニスの上達のコツは身体を正確に動かすこと物理法則にのっといて動くことです。忍者的ソフトテニス、インナーマッスルストレッチ&体幹体操にはこのこと明確に収録されています。
プレーヤーの方も指導者の方も人間が動く為の基礎の基礎と言えるこのDVDでぜひご覧下さい。


DVDメニュー(約2時間7分)
1. 基礎編 ラケットの握り方 手相で握り、尺骨軸を活かす
2. 基礎編 待球姿勢 いつでも動ける、止まれる 股関節、肩甲骨の動き
3. 基礎編 首の回旋 コントロールと体の軸感覚
4. 基礎編 腕の軌道 肩甲骨と連動したストロークの動き
5. 基礎編 スタンス バックスイング 軸足の動き
6. 応用編 回旋スワイショウで、ラケットと腕が遠心力に乗るしなやかな、ストロークを身につける。
7. 応用編 前屈骨盤ストレッチでアンダーストローク(フォア バック)の下半身で打つキレの良い動きを身につける。
8. 応用編 開脚中心軸ストレッチで、サイドストローク(フォア バック)の軸が安定した体幹部の動きを身につける
9. 応用編 針通しでフォロースルーをスピードアップする。
10. 応用編 胸鎖関節回旋ストレッチでバックハンドストロークの腕の軌道の動きを身につける。
11. 応用編 ボール回しストレッチでフォアストロークのリズム感を身につける
12. 応用編 熊型なんばストレッチでバックスイング(フォア バック)の壁の働き、軸足股関節の動きを身につける。
13. 応用編 腕ひねり体操左右でバックスイングの入り方を身につける。
14. 応用編 肩甲骨胸鎖関節大車輪体操で、全方向へのフットワークの動きを身につける。
15. 応用編 空手チョップ体操で、スライスの肩甲骨、股関節の動きやショルダーカットサービスの動きを身につける
16. 応用編 ツイスト体操でロビング(フォア バック)の動きを身につける。
17. 応用編 胸鎖関節回旋ストレッチでボレーの腕の軌道を身につける
18. 応用編 腕ひねり体操上下でサービスの動きを身につける。
19. 応用編 天地体操でハイボレーの動きを身につける。
20. 応用編 腕ひねり体操前後でボレー(フォア バック)の腕の軌道を身につける。

インナーマッスルストレッチ&体幹体操

私達は体の機能の数パーセントしか使えていないのではないでしょうか!

今あなたがインターネットでこのページを見ているパソコンにも、インターネットを見るだけではなくて奥底にはたくさんの使われていない機能が隠れています。使いきれたとしたらすごいことが出来るでしょう。私たちの体には200以上の骨格と600以上の筋肉があり、さらに内臓などの多くのパーツから出来上がっています。

例えば頭部と胴体、両腕、両脚という身体のイメージでロボットのように動くのと、数百の関節を動かしてしなやかに動くのとではパフォーマンスの結果が明らかに違います。インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操は体幹部(胴体)や内部の筋肉(インナーマッスル)まで全体をくまなく動ける体作りのために開発されました。すでに多くのスポーツの強豪校、アスリートのみなさんがトレーニングされています。

従来のストレッチはケガをしないためのコンディショニングという意味合いが強かったのではないでしょうか。インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操はみなさんの眠っている体の潜在的機能を呼び覚ますための身体開発トレーニングです。ウォーミングアップやクールダウンはもちろんのこと「こんなところがこんなに動くんだ!」「この部分がこんなに凝っている」など自分自身が知らなかった自分の体の状態に気づきます。動けない自分自身の体に愕然とするかもしれません。また日常的な練習の中でインナーマッスル・ストレッチ&体幹体操を行うことで自分自身の技術的課題だった事に気づくことになります。

みなさんは、まだまだ技術が伸びる余地が残っています。天才イチロー選手だって毎年技術革新を繰り返します。インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操をやりこんで、自分自身の動きの問題点に気づいてください。みなさんは動かない体でもがきながら練習しているのですよ。そしてその問題点の解決の連続が技術向上につながるのです。インナーマッスル・ストレッチ 種類、体幹体操 種類のエクササイズから必要に応じて選んでいただいてトレーニングしてください。自由自在に動く体と楽に動けている自分自身に気づくことになるでしょう。一流アスリート達はみなさんが動かせていない部位をくまなく動かしながらパフォーマンスをしています。

インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操でしなやかで自由に動く体を手に入れ、その体をもとにして技術練習を積み重ねましょう。

DVD内容(収録時間 約45分)

インナーマッスル・ストレッチ

  1. ウォーキング・スワイショウ
  2. 回旋スワイショウ
  3. 足首回し
  4. 手首回し
  5. 首回し
  6. 前屈骨盤ストレッチ
  7. 開脚中心軸ほぐしストレッチ
  8. 大腿四頭筋ストレッチ
  9. 大臀筋中心軸ストレッチ
  10. 股関節回旋ストレッチ
  11. ライオンのポーズストレッチ
  12. ライオンのポーズストレッチ2
  13. 胸鎖関節回旋ストレッチ
  14. 伸肩法腕ひねり
  15. ボール回しストレッチ内回り
  16. ボール回しストレッチ外回り
  17. 熊型なんばストレッチ
  18. 降龍樁ストレッチ
  19. 三角のポーズ腕ひねりストレッチ
  20. 針通し
  21. 骨盤ローリングストレッチ
  22. 股関節内旋ストレッチ
  23. 股関節外旋ストレッチ
  24. 脚裏ほぐしストレッチ
  25. 大魔神ストレッチ

体幹体操

  1. 腕ひねり体操上下
  2. 腕ひねり体操前後
  3. 腕ひねり体操左右
  4. 腕ひねり体操肩部正中面
  5. 肩甲骨胸鎖関節大車輪体操
  6. 肩インナーマッスル体操
  7. 空手チョップ体操
  8. ツイスト体操
  9. 天地体操
  10. 股関節内旋外旋体操
  11. 前蹴りキック体操
  12. スタビライゼーション体操
  13. 大ジャンプ体操
  14. 一文字腰四股体操
  15. バックタッチ体操
  16. 体幹クッション体操
  17. てっぽう体操
  18. 猛獣体操
  19. 体幹ひねり体操

インナーマッスルストレッチ&体幹体操には意図があります

問題点

修正トレーニング

動きが硬い

1.ウォーキング・スワイショウ

2.回旋スワイショウ

股関節が硬い

6.前屈骨盤ストレッチ

7.開脚中心軸ほぐしストレッチ

体幹部が硬い

9.大殿筋中心軸ストレッチ

11.12.ライオンのポーズストレッチ

肩甲骨と腕の動きが硬い

13.胸鎖関節回旋ストレッチ

20.針通し

15.16.ボール回しストレッチ

左右の動きがバラバラ

腕ひねり体操各種

一部分だけの筋力で動く

体幹5.肩甲骨胸鎖関節大車輪体操

体幹17.てっぽう体操

腕の動きがぎこちない

体幹6.肩インナーマッスル体操

体幹7.空手チョップ体操

15.16.ボール回しストレッチ

走るのが遅く、ストライドが狭い

体幹11.前蹴りキック体操

フットワークがバタバタする

体幹16.体幹クッション体操

体幹18.猛獣体操

腰のキレが悪い

体幹19.体幹ひねり体操

体幹14.一文字腰四股体操

ジャンプが高く飛べない

体幹9.天地体操

体幹13.大ジャンプ体操

 

監修者
自然身体構造研究所所長 吉澤雅之(タイツ先生)
皇學館大学非常勤講師・朝日カルチャーセンター講師
著書 「タイツ先生のモノマネ野球教室」(白夜書房)

スポーツ技術雑誌連載

「野球小僧」「中学野球小僧」「サッカー小僧」

「ラグビー魂」「中学高校バスケットボール」

「月刊バレーボール」「ザゴルフ」

「スポーツイベント ハンドボール」

「ダンスファン」他
テレビ・映画出演 講演会多数。

 

チーム導入等、大量にご購入される場合はご相談願います。TEL0285-30-6151

 

 

 


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス