タイツ先生(吉澤雅之)のナチュラルボディー理論に基づくトレーニングを助けるDVDやトレーニング用品を販売します。

自然身体構造研究所紹介

マスコミ取材報告1

マスコミ取材報告2

ホーム | 技 > ピッチング 上達 練習 基本パーフェクトピッチング Xジャイロで完璧な投げ方を身に付ける方法(XジャイロとDVDのセット)
商品詳細

パーフェクトピッチング Xジャイロで完璧な投げ方を身に付ける方法(XジャイロとDVDのセット)[SS041]

販売価格: 4,800円 (税込)
[在庫あり]
数量:

Xジャイロで完璧な投げ方を身に付ける方法XジャイロとDVDのセット

Xジャイロで正確な投げ方を身に付ければ、誰でもジャイロボールは投げられます。

DVDのサンプル動画を御覧になる場合は画面のボタンをクリックしてください。 投げる運動は大変難しい運動です。このことをあらわすように一般の野球選手をみますと本当にいろいろな投げ方をしています。そしてその多くの人は肩や肘などを故障する経験をしています。投げる動作で何を基準とするかが無いようです。当研究所で開発した「Xジャイロで正確な投げ方を身に付ける方法」は腕の筋肉や関節の機能を使い切ることをはじめ、全身を使いきるという基準でつくりました。多くの一般の選手たちは一部の筋肉だけにたよった体に無理がかかる方法で投げています。車に例えてみればサイドブレーキがかかったままで走っているような状態なのです。体は当然のように悲鳴を上げてスピードボールを投げることなく故障して野球をやめてしまうのです。40歳を過ぎてプロ野球のピッチャーで活躍する工藤公康投手は次のように発言しています。「正確に投げれば肩や肘を故障することはありません。正確に投げればカーブなどの変化球だって肩や肘に負担はかからないのです」40歳を過ぎてプロのピッチャーとして活躍しているのですから正確に投げているに違いありません。正確に投げることが一流アスリートへの道なのです。当研究所では、この正確に投げることを「腕の筋肉や関節、全身を連動させて投げる」と定義しました。この定義をもとにアメリカのXジャイロという遊具を利用してエクササイズを開発しました。Xジャイロは航空力学に基づいた構造で数百メートルも投げる事ができ、円柱の筒状の形をしています。投げる方向にスパイラル回転し、アメリカンフットボールのクォーターバックが投げるボールと同じ回転をします。手塚一志氏の著書で有名になった「ジャイロ投法」の回転です。実はXジャイロもアメリカンフットボールのボールも当研究所のいう「正確な投げ方」でなければ投げる事ができません。ここで疑問に思うのが昔からいう「きれいなタテ回転のボール」とい良い投げ方の代名詞のような言葉です。実は正確な投げ方ができるとジャイロ回転のボールもタテ回転のボールも両方投げられるようになります。この二つはボールを持った腕の反対側の腕の使い方や、リリースするタイミングを遅らせるだけで、きれいなタテ回転になったりジャイロ回転になったりします。一番重要なのは、すべての筋肉、関節を使い切ることと力を入れるタイミング力を抜くタイミングのリズムをつかむことなのです。「Xジャイロで正確な投げ方を身に付ける方法」は単純な18種類のエクササイズを繰り返し行います。このことで投げる動作に必要な筋肉や関節の意識の顕在化をはかり全身を連動させたリズムを修得させます。正確に投げられなければXジャイロを前に投げられませんから上級者の選手のみなさんから野球をはじめたばかりの小学生まで活用することができると思います。遊び感覚でトレーニングに取り入れてみてはいかがでしょうか。 松坂大輔投手のジャイロボールの投げ方の解明はコチラ

 

DVDメニュー

1. Xジャイロの説明、Xジャイロの握り方

2. 肩甲骨始動内旋運動(背中側筋肉から始動)

3. 胸鎖関節ライン内旋運動(腕の骨格の基点の動きを学ぶ)

4. 頸反射腕切り返し運動(グローブの腕と投げる腕の連動)

5. 大胸筋伸張反射運動(胸の張りを学ぶ)

6. 頸反射腕切り返し運動と大胸筋伸張反射運動の連動(腕の振り上げからリリース直前までの動きを学ぶ)

7. 股関節内旋外旋トップ運動(軸足の安定した使い方)

8. 内旋外旋運動時間差技法(グローブの腕と投げる腕の協調運動)

9. 正座龍腰回旋投法(体幹部の動きを投げに応用)

10. ウォーキング投法(膝の送り、投げるステップを学ぶ)

11. 中国武術股関節ローテーション投法(体重移動をスムーズにする)

12. 体幹割れ中心軸強化投法(体幹部の回旋スピードアップ)

13. 首回旋投法(首のスムーズな回旋を学ぶ)

14. オーバースロー、サイドスロー、アンダースロー投法(それぞれの特徴を学ぶ)

15. 背伸び胸鎖関節ライン強化投法(肘のしなりをアップさせる)

16. ボールの握り方(手の機能を効率よく使う)

17. 手先感覚向上法(リリース時の手先感覚を養う)

18. 左右の腕の筋肉を連動させる(神経回路を構築する)

19. 寝て投げる(前腕から手のしなやかな動きを養う)

20. 実際に投げてみる

 トレーニング詳細はこちら

トレーニングには意図があります

問題点

トレーニング

胸が張らずに投げる

5.大胸筋伸張反射運動

肩の開きが早い

8.内旋外旋運動時間差技法

肘が下がる

15.背伸び胸鎖関節ライン強化投法

体重が後に残る

10.ウォーキング投法

コントロールが悪い

13.首回旋投法

肩に担ぐ

6.頸反射腕切り返し運動と大胸筋

 伸張反射運動の連動

手投げ

11.中国武術股関節ローテーション投法

ボールが変化する

4.頸反射腕切り返し運動

遠投ができない

9.正座龍腰回旋投法

 

監修者
自然身体構造研究所所長 吉澤雅之(タイツ先生)
皇學館大学非常勤講師・朝日カルチャーセンター講師
著書 「タイツ先生のモノマネ野球教室」(白夜書房)

スポーツ技術雑誌連載
「野球小僧」「中学野球小僧」「サッカー小僧」「ラグビー魂」

「中学高校バスケットボール」「月刊バレーボール」「ザゴルフ」

「スポーツイベント ハンドボール」「ダンスファン」他
テレビ・映画出演 講演会多数。

 

チーム導入等、大量にご購入される場合はご相談願います。TEL0285-30-6151

X-ジャイロとは

ハイテク感覚の飛行遊具。手首のスナップを利かせ回転力をつけて飛ばせば180M以上も彼方へフライイング。
エックスジャイロは回転軸の法則と飛行の空気力学に基づく最先端のテクノロジーから生まれた新しいタイプのキャッチングゲームです。アメリカ ベイラー大学の学生が発明し、航空宇宙産業界で改良されNASAの検査を受けた。シンプルな構造でありながら空気力学と回転軸運動により二重翼飛行機の不変エアホイルと同じ方法で驚くほどの上昇力を生み出す。手首のスナップを利かせ、回転力を与えながら飛ばせば180m以上飛び、キャッチボールのように飛ばしあったり、対抗ゲームなど工夫次第で遊び方も色々。大人のハイテク感覚の飛行遊具を体験してみてください。

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス