タイツ先生(吉澤雅之)のナチュラルボディー理論に基づくトレーニングを助けるDVDやトレーニング用品を販売します。

自然身体構造研究所紹介

マスコミ取材報告1

マスコミ取材報告2

ホーム | 技 > バレーボール トレーニング 練習 指導はじめての人の為のスタートセット 忍者的バレーボール(基礎編) インナーマッスルストレッチ&体幹体操
商品詳細

はじめての人の為のスタートセット 忍者的バレーボール(基礎編) インナーマッスルストレッチ&体幹体操[SS115]

販売価格: 5,800円 (税込)
[在庫あり]
数量:

忍者的バレーボール(基礎編)とインナーマッスルストレッチ&体幹体操をおもとめやすいセット価格でご提供します。

忍者的バレーボール(基礎編)インナーマッスルストレッチ&体幹体操でバレーの動きが変わる!

バレーボールはスパイクなどの攻撃の動き、レシーブなどの守備の動きなど多彩な動き方が要求されます。野球で言えばピッチャーとキャッチャーの両方をこなさなければなりません。そういう意味では身体の高いパフォーマンス能力が必要です。

たとえばスパイク時など決定率の高いスパイカーは強いスパイクと同時に多くのタッチアウトをとることができます。このようにスパイク決定率の高い選手は同時にレシーブもたいへんうまいことが多いのではないでしょうか!

たとえばスパイク決定率を高める為には強いスパイクとブロックに対する変化の技術が求められます。そしてレシーブはスパイクに対する身体移動スピードと瞬間的にレシーブをスタートさせる能力が必要となります。これらの能力は今までセンスと言われてきました。それはその通りと思いますが、身体の部品(関節)が動いていない状態でプレーしている選手が多いわけです。

身体の一部の関節しか動かない状態でのプレーに選手本来の才能を発揮しているとは言えません。車に例えればサイドブレーキを引いたまま走っているようです。このようにバレーボールプレーヤーの多くの方は、身体の一部分の関節、筋肉しか使わないままにプレーをしているのです。身体が動かないままに技術練習をいくら繰り返しても、その結果はサイドブレーキを引きながら走る車のように無理な動きでスピードもパワーも出ないわけです。

技術トレーニングでも筋力トレーニングでもジャンプのトレーニングでも、一番に行うことは身体をくまなく動ける状態にすることなのです。インナーマッスルストレッチでは身体のすみずみの関節を動かし、ストレッチをするようにプログラムされています。そして体幹体操は、くまなく動く身体をもとに自由自在に動けるリズム感を身につけます。さらに忍者的バレーボール(基礎編)のDVDにはインナーマッスルストレッチや体幹体操の動き方がバレーボールのそれぞれのプレーにどのように応用できるかを解説しています。

動ける身体を作って、次に動けるリズム感の動き方を身につけ、さらに達人バレーボールプレーヤーの技術を身につける順番でトレーニングを行っていきます。

DVDメニュー(約87分)

  1. ウォーキングスワイショウで腕の重さを利用し全身が連動したジャンプの感覚を身につける
  2. 前屈骨盤ストレッチで腸腰筋が働く骨盤の動きでスパイクを打つコツを身につける
  3. 開脚中心軸ほぐしストレッチでスパイクのコース変化の動きを身につける
  4. 針通しで体幹部の回旋を使ったクロスの動きを身につける(針通しをライオンのポーズと間違えて話しています)
  5. 胸鎖関節回旋ストレッチでスパイクの腕の動きを身につける
  6. 伸肩法腕ひねりでスパイクの時の胸の張りを身につける
  7. ボール回しストレッチでしなやかな腕の振りを身につける
  8. ライオンのポーズストレッチでフォローの大きい強いスパイクを身につける
  9. 腕ひねり体操上下でスパイク動作を身につける
  10. 肩甲骨胸鎖関節大車輪体操で軽快なレシーブを身につける
  11. 肩インナーマッスル体操でクイックのすばやいジャンプをみにつける
  12. 前蹴りキックで体幹部が連動したジャンプの入り方を身につける
  13. 体幹クッション体操で柔らかく正確なトスを身につける
  14. 猛獣体操で体幹部を使った強くて変化に対応できるブロックを身につける

忍者的バレーボールのトレーニングには意図があります

問題点

修正トレーニング

軽やかにジャンプができない

1.ウォーキングスワイショウ

クロスのスパイクが決まらない

2.前屈骨盤ストレッチ

ブロックアウトが取れない

3.開脚中心軸ほぐしストレッチ

4.針通し

腕がしなる強いスパイク

5.胸鎖関節回旋ストレッチ

7.ボール回しストレッチ

スパイクの胸の張り

6.伸肩法腕ひねり

9.腕ひねり体操上下

強いスパイクが打てない

8.ライオンのポーズストレッチ

12.前蹴りキック

全身の筋力を使ったスパイク

10.肩甲骨胸鎖関節大車輪体操

ブロック、クイックで瞬間的ジャンプ

11.肩インナーマッスル体操

コントロールがあるトス

13.体幹クッション体操

決まるブロック

14.猛獣体操

インナーマッスルストレッチ&体幹体操

私達は体の機能の数パーセントしか使えていないのではないでしょうか!

今あなたがインターネットでこのページを見ているパソコンにも、インターネットを見るだけではなくて奥底にはたくさんの使われていない機能が隠れています。使いきれたとしたらすごいことが出来るでしょう。私たちの体には200以上の骨格と600以上の筋肉があり、さらに内臓などの多くのパーツから出来上がっています。

例えば頭部と胴体、両腕、両脚という身体のイメージでロボットのように動くのと、数百の関節を動かしてしなやかに動くのとではパフォーマンスの結果が明らかに違います。インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操は体幹部(胴体)や内部の筋肉(インナーマッスル)まで全体をくまなく動ける体作りのために開発されました。すでに多くのスポーツの強豪校、アスリートのみなさんがトレーニングされています。

従来のストレッチはケガをしないためのコンディショニングという意味合いが強かったのではないでしょうか。インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操はみなさんの眠っている体の潜在的機能を呼び覚ますための身体開発トレーニングです。ウォーミングアップやクールダウンはもちろんのこと「こんなところがこんなに動くんだ!」「この部分がこんなに凝っている」など自分自身が知らなかった自分の体の状態に気づきます。動けない自分自身の体に愕然とするかもしれません。また日常的な練習の中でインナーマッスル・ストレッチ&体幹体操を行うことで自分自身の技術的課題だった事に気づくことになります。

みなさんは、まだまだ技術が伸びる余地が残っています。天才イチロー選手だって毎年技術革新を繰り返します。インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操をやりこんで、自分自身の動きの問題点に気づいてください。みなさんは動かない体でもがきながら練習しているのですよ。そしてその問題点の解決の連続が技術向上につながるのです。インナーマッスル・ストレッチ 種類、体幹体操 種類のエクササイズから必要に応じて選んでいただいてトレーニングしてください。自由自在に動く体と楽に動けている自分自身に気づくことになるでしょう。一流アスリート達はみなさんが動かせていない部位をくまなく動かしながらパフォーマンスをしています。

インナーマッスル・ストレッチ&体幹体操でしなやかで自由に動く体を手に入れ、その体をもとにして技術練習を積み重ねましょう。

DVD内容(収録時間 約45分)

インナーマッスル・ストレッチ

  1. ウォーキング・スワイショウ
  2. 回旋スワイショウ
  3. 足首回し
  4. 手首回し
  5. 首回し
  6. 前屈骨盤ストレッチ
  7. 開脚中心軸ほぐしストレッチ
  8. 大腿四頭筋ストレッチ
  9. 大臀筋中心軸ストレッチ
  10. 股関節回旋ストレッチ
  11. ライオンのポーズストレッチ
  12. ライオンのポーズストレッチ2
  13. 胸鎖関節回旋ストレッチ
  14. 伸肩法腕ひねり
  15. ボール回しストレッチ内回り
  16. ボール回しストレッチ外回り
  17. 熊型なんばストレッチ
  18. 降龍樁ストレッチ
  19. 三角のポーズ腕ひねりストレッチ
  20. 針通し
  21. 骨盤ローリングストレッチ
  22. 股関節内旋ストレッチ
  23. 股関節外旋ストレッチ
  24. 脚裏ほぐしストレッチ
  25. 大魔神ストレッチ

体幹体操

  1. 腕ひねり体操上下
  2. 腕ひねり体操前後
  3. 腕ひねり体操左右 
  4. 腕ひねり体操肩部正中面
  5. 肩甲骨胸鎖関節大車輪体操
  6. 肩インナーマッスル体操
  7. 空手チョップ体操
  8. ツイスト体操
  9. 天地体操
  10. 股関節内旋外旋体操
  11. 前蹴りキック体操
  12. スタビライゼーション体操
  13. 大ジャンプ体操
  14. 一文字腰四股体操
  15. バックタッチ体操
  16. 体幹クッション体操
  17. てっぽう体操
  18. 猛獣体操
  19. 体幹ひねり体操

インナーマッスルストレッチ&体幹体操には意図があります

問題点

修正トレーニング

動きが硬い

1.ウォーキング・スワイショウ

2.回旋スワイショウ

股関節が硬い

6.前屈骨盤ストレッチ

7.開脚中心軸ほぐしストレッチ

体幹部が硬い

9.大殿筋中心軸ストレッチ

11.12.ライオンのポーズストレッチ

肩甲骨と腕の動きが硬い

13.胸鎖関節回旋ストレッチ

20.針通し

15.16.ボール回しストレッチ

左右の動きがバラバラ

腕ひねり体操各種

一部分だけの筋力で動く

体幹5.肩甲骨胸鎖関節大車輪体操

体幹17.てっぽう体操

腕の動きがぎこちない

体幹6.肩インナーマッスル体操

体幹7.空手チョップ体操

15.16.ボール回しストレッチ

走るのが遅く、ストライドが狭い

体幹11.前蹴りキック体操

フットワークがバタバタする

体幹16.体幹クッション体操

体幹18.猛獣体操

腰のキレが悪い

体幹19.体幹ひねり体操

体幹14.一文字腰四股体操

ジャンプが高く飛べない

体幹9.天地体操

体幹13.大ジャンプ体操

 

監修者
自然身体構造研究所所長 吉澤雅之(タイツ先生)
皇學館大学非常勤講師・朝日カルチャーセンター講師
著書 「タイツ先生のモノマネ野球教室」(白夜書房)

スポーツ技術雑誌連載

「野球小僧」「中学野球小僧」「サッカー小僧」

「ラグビー魂」「中学高校バスケットボール」

「月刊バレーボール」「ザゴルフ」

「スポーツイベント ハンドボール」

「ダンスファン」他
テレビ・映画出演 講演会多数。

 

チーム導入等、大量にご購入される場合はご相談願います。TEL0285-30-6151

 

 

 


他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス